2016年02月18日

冬の木立

_MG_9152 (640x427).jpg

まっすぐな木立が厳しい冬に耐えています。

_MG_9155 (640x427).jpg

いつもの見慣れた風景も冷たすぎる色。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 23:05| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

夕暮れ時

_MG_6878 (427x640).jpg

夕暮れ時、雪を纏った木立が青く染まってくるのです

_MG_6887 (640x427).jpg

いつもの光景なのですが

_MG_6872 (427x640).jpg

雪が青くなってきて、この時刻に感謝しながら。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 16:53| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

ショー記念礼拝堂

_MG_3933 (640x427).jpg

厳しい冬を迎えました
なぜかこんな日に撮りにいきたくなる、記念礼拝堂なのです
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 22:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

冬のショー記念礼拝堂

_MG_2242.jpg-s.jpg

静まり返った雪の日でした
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 19:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

2月の雪景色

くりー_MG_7323.jpg-s.jpg

2月は降ると大雪です。
真っ白い雪化粧のクリークガーデンさん、とても素敵です
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 21:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

雪の日

_MG_0895.jpg-s.jpg

雪の日のショー記念礼拝堂で
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 03:04| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

ロータリーの電話ボックス

_MG_0162.jpg-s.jpg

安心のお守りみたいな存在に見えるのです
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 23:04| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

2年参り

_MG_9601.jpg-s.jpg

鎮守の森、という言葉がぴったり

_MG_9611.jpg-s.jpg

いつもはしんとしているのでしょうけど、今日は違います


_MG_9629.jpg-s.jpg

あちこちから歓声が上がり、熱気にあふれていた2年参りのすわの森です




posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

舞い雪

_MG_7143.jpg-s.jpg

12月1日、初めての舞い雪です
_MG_7167.jpg-ss.jpg

久しぶりに白い雪の粉をつけて、乾燥してしまった笹や枯れ草は嬉しそうです。

_MG_7159.jpg-ss.jpg
軽井沢冬物語始まりました
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

三月に冬景色

_MG_5169.jpg-ss.jpg


_MG_5173.jpg-s.jpg


_MG_5168.jpg-s.jpg


_MG_5178.jpg-ss.jpg


posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 22:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

心を静めたくなったら

_MG_5146.jpg-ss.jpg

雪の中を歩くことがお勧めです



_MG_5154.jpg-ss.jpg

静まり返った雪景色に目を奪われ



_MG_5133.jpg-s.jpg


いつか自分の頭も心の中も白くなって、とても楽になっているのを感じます。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 14:27| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

冬の夜

_MG_2853.jpg-s.jpg-ss.jpg


冬の夜は木々が息づき、ひっそりとエネルギーを蓄えている間なのかもしれません。

クリークガーデンさんで
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 20:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

旧三笠ホテル

_MG_2793.jpg-s.jpg-s.jpg



_MG_2791.jpg-s.jpg-s.jpg


冬の静けさが聞こえます。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 01:55| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

静かな時間

_MG_4867.jpg-s.jpg

チャーチストリートより、カトリック教会。
午後のひとときが静かに流れていきます。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 01:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

真冬の雪は幻想的

_MG_4861.jpg-s.jpg

夕方からの舞い雪はあたりを幻想的にイメージしてくれます。
白は、冬の色。


軽井沢クリークガーデンさんです
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 19:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

新年のユニオンチャーチ

_MG_4737.jpg-s.jpg

新年のりぼんをつけた教会です

_MG_4746.jpg-s.jpg


木の壁が歴史を語っているようです。寒かったけれど温もりを感じます
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 22:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

斜光

DVC00035.JPG

午後4時半ごろの斜光には惚れ惚れしてしまいます。
木の陰が雪の上に、すっと伸びて。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 16:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

寒い日の旧軽井沢メインストリートで

CIMG0244.JPG


昼間でも0℃の寒い一日でした。夜はマイナス8℃まで下がります。
ジャム小林さんのすぐそばのベンチです。
真っ白い雪のかたまりが町中のところどころにあります。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 22:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

冬の日がさして A

_MG_7062.JPG

明治時代、この椅子に座って、窓からの自然を眺めて、ゆっくりと時間を過ごしたのでしょう。
部屋に佇んでいるだけで、そんな空気が伝わってきます。



_MG_7062.JPG

廊下の奥行き。天井からの灯りも、明治時代を偲ばせます。

_MG_7063.JPG

木の窓枠からの、白い雪景色。今、その時代にいるような、そんな気分で眺めてしまいます。
ラベル:旧三笠ホテル
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 11:30| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

木の十字架

_MG_4854-s.JPG

。。。。。。その教会というのは、――信州軽井沢にある、聖パウロ・カトリック教会。いまから五年前(一九三五年)に、チェッコスロヴァキアの建築家アントニン・レイモンド氏が設計して建立(こんりゅう)したもの。簡素な木造の、何処(どこ)か瑞西(スイス)の寒村にでもありそうな、朴訥(ぼくとつ)な美しさに富んだ、何ともいえず好い感じのする建物である。カトリック建築の様式というものを私はよく知らないけれども、その特色らしく、屋根などの線という線がそれぞれに鋭い角をなして天を目ざしている。それらが一つになっていかにもすっきりとした印象を建物全体に与えているのでもあろうか。――町の裏側の、水車のある道に沿うて、その聖パウロ教会は立っている。小さな落葉松林(からまつばやし)を背負いながら、夕日なんぞに赫(かがや)いている木の十字架が、町の方からその水車の道へはいりかけると。。。

堀辰雄著。木の十字架、より。
posted by http://www.tsuruyaryokan.jp/ at 02:39| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする